日記


VANISHING LINE #2

雨を降らせて記憶処理を行う魔戒法師のルーク君。ホラー退治は人知れず行うべきだと主張する、至極真っ当な魔戒法師だ。一方のソードは人を知ろうとしない奴に人は救えないと主張。おお、ちゃんとポリシーがあっての行動だったのか。にしてもタンクローリー爆破は主義主張では釣り合わない気がするけど。そして朝飯?昼飯?もあのステーキなのか。

ソフィの保護者のシスターさん怖っ。声の時点で強そう。そして失意の元陸上選手に憑依するホラー。ルーク君の魔道具はホラーのいる方角や距離が探知できるだけでなく道路のナビ付きだ。過去作から随分進歩してるな。姿を消したホラーの足取りを地道に調べるルーク君。早速最前の主義の違いが現れて、人探し中のお姉さんからホラーの手がかりをゲットするソード君。ザルバの軽口に言われっぱなしじゃないところが小粋だぜ。

変身したホラーを追うソードとザルババイク。バイクから腕まで生えたたぞ。Makaisenkiの第3話を彷彿とさせる回り込みでホラーにマーキングだ!その痕跡を狙撃体制のルークが狙う!スコープで目玉がギョロギョロしていたり骨の指が生えてたりするのが魔道具っぽさを演出してるぜ。こんだけ戦えるのに騎士ではなく法師をやっている事情が拗らせている原因なんでしょうか。

VANISHING LINE #1

アニメももう3作目かー。西洋風ファンタジー、平安時代ときて今回は現代劇だ。前2作と比べると随分ハイディティールな絵柄だ。実写特撮ドラマでは毎回の怪人が見せ場なのに対して、どうもアニメってその回限りのモンスターデザインに割くリソースが少ない印象なのだが、今作は初っ端からグロかっくいいおっぱいモンスター登場だ。それを主人公らしきアニキが素手でぶん殴る!OPはストレートにカッコいい路線だ。

変態イケメソ占い師と超人バトルを繰り広げる主人公のソード君。牙狼シリーズで剣より取っ組み合いメインのマッチョ兄貴って珍しいかも(阿修羅があったか)。というか、東洋風のデザインがあまり出てこないせいか、牙狼よりデビルメイクライの外伝みてえだ。
ザルバが一体化したバイクで旋回しながら道路に円を描いて鎧を召喚!なんかピンクの光が漏れてるぜ!「いっけねえ」とか言ってたのにタンクローリーに突っ込んで無駄に派手派手しくホラーを退治するのはアクション映画のお約束だ!鎧装着でバイクも変化していたのと、やたらグリングリン動くカメラ視点がちょっとブラスレイターを彷彿とさせるぜ。

前2作の序盤は如何に牙狼の能力に制限をかけるかみたいなところがあったのに対し、今作はめっちゃ一般人に被害を出しているものの気持ちよく主人公を大暴れさせてくれたのがよかったね!あと猛竜の女好き設定は取ってつけた感があったけど、こっちの女好きは乳に合唱とかすごく納得いくというか。

絶狼 Dragon Blood #13

竜騎士となったアリスちゃん。と思いきやウロコで作られた義体でした。それにしては強すぎる気もするけど、遠慮が要らなくなった零の一撃で撃破!腹を刺されて重症の烈花も、零を送り出すために立ち上がって空元気を見せるぜ!でも安静にしてようよ!そこへ術で転移してくるルーポのマスター。花罪が連絡したのかしら。

翼を得て飛び去るループに、徒歩と剣ワイヤーで追いつくどころか先回りする零。さすがの脚力だ!ドラゴンボール的荒野から北九州に帰ってきたループは教会の屋根に陣取るぜ。なんかダークソウルIIIとかで見たような光景だ。そしてツノが割れて中から牙狼恒例の白塗り女子が登場!月光のパワーだかプラフスキー粒子だかを吸収して進化!白塗り女子は退場!そして放たれる世界滅亡ドラゴンブレス!しかしギリギリ絶狼と銀牙の体当たりで上空に逸れたぜ!
戦っている最中に「私はここよ!」と呼びかけるアリスちゃん。なんともアンビバレントなヒロイン?だわ。そして掴まれている間に鎧の時間切れだ!ついに心滅獣身状態となってしまう絶狼。ノリで羽まで生えちゃうぜ!ループの尻尾を何度かガジガジしたら絶狼にも尻尾が生えちゃったぜ!この調子で竜を取り込んでしまうのか?!首まで伸びてるんですが。あと中の零までバケモノ化してるのがちょっと可笑しい。血管メイクくらいで良かったんじゃないかな…
烈花が攻撃を当てる度に紋章がちょっとだけ回転するのがアクションゲームのギミックぽい。
最後はアリスちゃんの意思で振るわれたらしいループの尻尾によって鎧が解除!

墜落したループからエデルさんが何故か復活!脈絡が無さすぎてちょっと笑っちゃうぞ。前回ので決着でいいじゃん。性別ならぬ種族同一性障害に苦しみながら零に介錯されて爆散!南無。
力尽き森へと変わっていくループの中で、なんとかアリスの元へたどり着く零。自分の本当の名を呼ばせるも、竜に取り込まれたアリスは無傷とはいかず、小さな卵を残して朽ち果てるのでした。

うーむ…なんか意表を突くことに終始していて、筋道を立てて主人公が何かを達成した感が薄いお話だったかも。毎度映像はものすごいんですけど。チャンバラではなくアリスちゃんの心を動かすことで世界は滅亡を免れた、という所はいいお話なのかもしれませんけど。歪んでしまったアリスちゃんに一瞬でも人間らしい感情を取り戻させたのが救いなんでしょうか。
序盤は特に「不思議の国のアリス」モチーフが多用されていましたが、振り返ってみればアリスが不思議な体験をするお話というより、「不思議ちゃんの世界に囚われた零」みたいなお話だったなって。

絶狼 Dragon Blood #12

得意げに竜を使役するアリスちゃんと必死ですがりつく零。取り残された烈花と竜騎士が成り行きで決戦!カゴメの筆を利用して今度こそ竜騎士の全身を爆散!竜騎士さんは苦労した割にいいとこ無しだったな!
そしてアリスちゃんの言っていた夢とか見たい景色というのは、世界を滅亡させることでした。サイコか君は。いや、今までアリスちゃんは高所から飛び降りたり、遺跡に都合よく転がり込んだり、滅茶苦茶な行動が多かったけどさぁ!制作側の狙うヒロイン像が視聴者とズレているんじゃなくて、最初から滔星ポジションだったんかい!スピンオフでまで貧乏くじを引かせるとか、零には絶対に曇ってもらうという揺るぎない信念を感じるぜ…

ループに追いつく零と烈花。人間である限り、身を呈してアリスを守る零。烈火炎装+銀牙+銀牙銀狼剣+烈花の金魚爆発の合わせ技で青と赤と紫の炎を纏ってループに激突だ!カウントは残り34.6秒!
流石にダメージを受けたループにアリスは自らを取り込ませて進化を促すぜ!零は「何故だ!」と問いかけるが、もう人間に未練が全くない「滅びろ人類!」系女子だしなあ。まだ動かないループを前に、攻撃しようとする烈花と、「俺がやる」とか言って零が問答している間に、ループの頭部から突き出た剣が烈花を貫く!さらに太ももをグリグリ刺した上にサッカーボールのごとく蹴り飛ばす!エグい!竜騎士と化したアリスちゃんの爆誕だ!薄着だと結構ガッチリ体型だなこの子。しかし牙狼において人間辞めるってことは滔星と同じ末路が用意されている訳で…

絶狼 Dragon Blood #11

ぶつかり合う零と竜騎士!隙をついて竜を確保しようとする烈花だが、アリスちゃんに妨害される。そして竜騎士が竜を連れて去るのは妨害できないアリスちゃん。当然の結果ではあるがウザっ!烈花はいつもの金魚のノリで花罪に追跡させるが、あっさり捕まって握り潰されてしまう。烈花まで行動が雑になって来てないか?

眠り続ける竜を前に、過去を回想する竜騎士さん。竜の力だけ頂こうとする人間にノヴァと卵を奪われ、自らも囚われそうになったとき、ノヴァが最後の力で竜騎士を水晶の中に封印し、火炎で騎士や法師達を焼き払ったのでした。台車つきの超大型魔道筆が面白い。

そして此の期に及んでついてこようとするアリスちゃん。特撮やアニメに付き物のヒロイン激ウザ問題だ!特にアリスちゃんは零の好意を盾にワガママを通そうとするのがタチが悪いぜ。剣を突きつけても開き直るアリスちゃんに、烈花とのキスを見せつけて追っ払う零。付き合いいいな烈花ちゃん
粉々になったかと思われた花罪ちゃんも花粉状態から復活!たどり着いた先では球体の中で急成長するループ!それを巡って竜騎士と零が激しく激突だ!乳首ワイヤーを繋ぎで使うのがかっくいいぜ。お互い火炎を纏ってぶつかり合うも、残り0.7秒で鎧解除だ。そして成体となったループが爆誕!駆け寄る零も前足で押さえつけられて全く歯が立たないぜ!
そして歓喜にむせぶ竜騎士は…頭からかぶりつき!ですよねー。竜騎士とループのテンションの差のせいで、前フリにしか見えなかったわー。バラゴとメシアのやりとりの再来か。最後のセリフが「トドメをさせー!」だったので、言われた通りにしたようにも見えるのが困る。
そしてドヤ顔で現れるアリスちゃん。竜騎士すら手玉に取られていたというのかーっ?!

絶狼 Dragon Blood #10

空になった卵の台座を前に苦い顔のルーポのマスター。アリスちゃんが残したアルバムの零の写真を見ているうちに、何かに気がついた様子。竜の頭みたいな構図だ。
零と烈花を呼び寄せると、なんとそこには並べることで竜の姿となった写真が!って頭部以外かなり不自然じゃない?!マスター曰く、アリスの心は初めから竜に囚われていたんだよ!な、なんだって〜?!これでアリスちゃんがムチャな行動に走るのも説明がつく…のか?

衰弱したループに自分の血を飲ませようとするアリス。そこへ現れる死んだはずの竜騎士さん。お供の魚メカが胸に開いた穴を塞いで復活していたのだ!便利だな!竜のエサは人間の血肉などではなく、大量の邪気が必要なのだ。前回ムシムシ姉さんに向かっていったのもそのせいか。アリスちゃん怪我し損だわ。ベテラン飼育員の竜騎士さんがいれば安心だ!
一方、マスコット枠かと思われた花罪ちゃんが竜に関する魔道書の写しをエンジェルダストで空中に投影して零と烈花にヒントを与える。超便利な記録媒体だな。

竜騎士さんが語る竜騎士の歴史。ホラーに生贄として捧げられた赤子が後のエデルさんとなった訳だけど、邪気のない赤子ってホラーからみて美味しいのだろうか?育ての親の竜が残した子竜・ノヴァと共に竜騎士としてホラーと戦ったエデルさん。エデルさんとしては、人類の天敵であるホラーと戦ったというよりは、竜としてあくまで好意で人の命を守ってあげた、というポジションなのね。しかし唯一の番とか俺たちの子ってそういう…。必死に正論で説得する零に向かって、二人並んで (・Д・) みたいな顔をするエデル&アリスが特殊性癖を持つ人たちのコミュニティみたいだ。

絶狼 Dragon Blood #9

牙狼特有の開幕裸女。ムシムシ大行進で男が食われて真っ当にホラーだ!
アリスちゃんは卵から孵った竜に懐かれてゴキゲンだ。名前を付けようとして劇中に登場する固有名詞はリジェクトされるのはテレビゲームあるあるネタである。結局ゲレゲレならぬループと命名された竜を連れて街中を平気で歩き回るアリスちゃん。
アリスとループは烈花に任せて、ムシムシホラーを追う零。懐かしの壁ギャリギャリだ!虫の大群に拘束された零は73.6秒で鎧を解除して虫を引っぺがして仕切り直しだ!

ループを引き渡すようアリスに迫る烈花。竜を連れて行くことは零を裏切ることだ、と丁寧に説得するも、やっぱり聞く耳を持たないアリスちゃん。術でループを拘束しようとするが、気合いで術を脱してアリスと共に姿を隠すループ。竜としての本能か、ムシムシホラー姉ちゃんのところへ向かっていくループ。零と烈花も合流して再戦だ!烈花の術をガードしてホラーの視界が遮られた隙を利用して、索敵担当?の虫を潰すことに成功!一気に小虫のコントロールが乱れるぜ!再度鎧を装着した時のカウントは76.5秒から。毎度99.9秒から始まるんじゃなくて、回復までインターバルが必要なのね。小虫を貯蔵施設?に引きつけてガードが手薄になった本体に向かって、飛び降りながらの烈火炎装&×の字斬り!久々に超カックイイ締めだ!ていうかえらい強敵だったなムシムシホラー。今回は残り43.7秒でフィニッシュ!
その後本体が倒された後も残っていた小虫がアリスに迫るも、ループが咆哮で吹っ飛ばす!スタンした小虫をブレスで追撃!強い!そしてアリスと共に転移するループ。残された二人は始末書ものだ!

絶狼 Dragon Blood #8

夜中に「祈りの鐘」を鳴らすホムーレス然としたおじさん。今はこういうの騒音とか厳しいんじゃないんでしょうか。そこへ現れたお姉ちゃん。往時の家族の幻影を見せて幸せを噛み締めているおじさんを長い胴で包んで捕食!第1期のエチケット医師みたいなホラーだ。可愛い!

海辺に弔われるカゴメちゃん。短い付き合いだった…。卵は零がしばらく保管することに。絶対アリスちゃんが要らんことをする流れじゃん。
最後にアリスちゃんの写真のモデル役として付き合ってあげる零。「零の幸せは誰が守るの?」と聞かれて不意にうろたえちゃう。こういうところはアリスちゃん無敵だ。
二人でやってきた祈りの鐘でアリスちゃんがお祈りしようとしたら現れる微ゴスロリホラー。
零の願望をペラペラ喋ったうえ、レースでデコった剣で斬りかかったり、やたら人間態で頑張るホラーだ。そして久しぶりに「アリス」モチーフの姿に変身だ!チェシャ猫+イモムシ?巻きつかれたまま弱点らしき首の鐘を破壊され、残り45.5秒で終了!

零の過去についてアリスちゃんに喋っていたマスター。センシティブな話題なんですけど。
それでも一応いい雰囲気できっちりお別れしたと思ったら、やっぱり卵を持ち出していたアリスちゃん。ついに孵化させてしまったぜ!カゴメちゃん死んでるんですけど!

絶狼 Dragon Blood #7

竜騎士にお持ち帰りされたアリスちゃん。アリスちゃんが卵に出会っていたことを知ると、好奇心を煽って籠の封印を解かせようとする竜騎士。こんな短時間でアリスちゃんの独特な思考回路を把握するとは天才か。「竜は美しいぞ」とか言われてあっさり封印を解くアリスちゃん。やっぱりこの子危ないよう!そして我が子とか言っていたくせに卵を床に落とす竜騎士。中身が漏れなくてよかった。その隙をついて抱卵し始めるアリスちゃん。もう滅茶苦茶だ!

卵を取り返そうと竜騎士がアリスちゃんに剣を突きつけると、絶好のタイミングで登場する零。コブラで見たようなエントリーの仕方だ。
逃げたはずなのに竜騎士と零が死闘を繰り広げているところに鉢合わせするアリスちゃん。お約束だけど邪魔!しかし烈花&カゴメが竜騎士の鳥メカを撃墜!今回は烈花の魔戒金魚アタックも成功!零もなんか剣から衝撃波とか出してるぜ!
双方鎧を纏って本気バトルだ!空気を読んで退避する法師二人が面白い。今回は馬アリだ!竜騎士の方は何て書いてあるかわからない!馬っぽいけどこれは竜とは別枠なんでしょうか。ダンゴになったままジェット噴射してもう意味不明!そして行く先々でやっぱり現れるアリスちゃん。展望台から叩き落される零!もうだめだー!と思ったら法師二人のゼロ距離射撃!カゴメの捨て身の攻撃で竜騎士は胸に大穴を開けられて墜落!花罪さんの不思議パワーで復活するかと思ったら、顔を綺麗にしてくれただけでした。


絶狼 Dragon Blood #6

竜騎士の仲間呼ばわりされて激おこのカゴメちゃん。アリスちゃんを狙って零に襲いかかるぜ!足が露出していない女性の魔戒法師は珍しい。その分ピンポイントで谷間と肩甲骨が露出していますが。
結界を身にまとう術を使用するが、結果的に被ダメージ判定が大きくなっているだけに見えるぞ。離れた位置で蹴られてもお腹押さえてるじゃん。防御力はアップしても魔戒剣を突き立てられるだけでMP?がモリモリ消耗してない?アリスちゃんを殺せば卵は封印されたまま、と言うカゴメちゃんに怒る零だが、烈花が割って入り戦闘中断。カゴメちゃんは激しい空腹でダウン寸前だ!
いつもの店でメシをかっこむカゴメちゃん。マンガみたいな腹ペコキャラは役者さん大変だな。上着オフの烈花の衣装がカワイイ!と言うかこの店の巨乳密度が危険なレベルだ!腹がいっぱいになったら急にフランクな態度で烈花をクンクンペロペロするカゴメちゃん。
例の兄弟は身分の低い法師の落ちこぼれだったそうな。法師自体が隠遁生活を送っているから、騎士と法師の対立や元老院がらみを除けば格差社会とは無縁だと思っていたんだけどなあ。まあ目の前にいるのが正に魔戒騎士と元老院勤めの法師なんだけど。手っ取り早く強くなろうとした結果、兄のオキナが竜騎士を復活させてしまったのでした。遠大な野望とかが無かったのは良いのか悪いのか。身の上を話したらあっさり仲間入りするカゴメちゃん。素直や。烈花の作った魔除けにカゴメちゃんによるアリスちゃん係で防御力がアップ!と思ったら握手するついでに魔除けに何かしかけてる〜!?弱くてアホなふりして実は…ってパターンか?
竜騎士の今週のビックリドッキリメカがアリスちゃんをキャッチ!一方、烈花が大掛かりな術で広範囲を一気にスキャン!店の中でやるなよ!火花とか飛んでるじゃん。
烈花の魔除けに込められた想いを知って急に罪悪感に苛まれるカゴメちゃん。特に裏の顔があるわけじゃなくてよかったよかった。今週は鎧無しでした。


©  かろでん☆みゅ〜あ 2012