日記


VANISHING LINE #23-#24

#23 再びVR空間にやってきたソードとソフィ。新ザルバイクごと前転して鎧装着はカッコいい!けど対魔忍アサギ並みに画面が揺れて気持ち悪い!フリーザ様の体内では全てがモノクロになって人間は餌となる!前期OPはここに繋がるのか。フリーザ様の回想でまさかの過去作キャラ登場だ。この画で紅蓮ノ月見たーい。ザルバイク版斬馬剣でキングを両断だ!ソフィはパスワードを解き明かして決着だ!入力画面でパスワード丸出しなのはどうなの。
そして敵の親玉を先に倒しちゃってビショップとナイトはどうすんのと思ったら帰宅途中のソードにナイトon魔戒バイクが激突だ!

#24 ソードのバイクは後輪3つとかなんじゃそりゃ。バイクとデカ武器と肉弾戦を駆使した戦いの果てにソードの剣がナイトを貫く!憑依していたホラーが抜けても変わんねーなこの人。決着はついたが帰る方法がなくなったソードは置いてきぼり。最後の仕上げにルークがソフィの記憶を消してついにカタがついたぜ。
1年経って少しお姉さんになったソフィは孤児院で平和な暮らしを取り戻していたが、やっぱり記憶を取り戻してしまう。もう元の暮らしには戻れないソフィは魔戒法師の道を選ぶのでした。ルークは改めて魔戒騎士になったのね。ナイトとの決戦で魔戒剣を持ってたから、これ一般的なアニメだと絶対にギリギリで鎧を召喚して逆転勝利するやつじゃんと思ってたら特にそんなことはなくて、まあ普通に考えたら超強い魔戒騎士であるナイトに即興で魔戒騎士になっても敵うはずはないから当然の展開だったんだけれども。
中華料理屋の3人組が無駄に美形でなんなの。そしてトイレから出てきたソードとソフィが感動の再会!のはずが、トイレに逆行して誤魔化そうとするトホホなソードでシメ。
そして提供の店長は出番ここだけかい。

まとめ 各話の地に足のついたストーリー、主人公は心身共に頼れるタフガイ、大人っぽいキャラクターデザイン、ド派手なアクションシーン、特撮ドラマでよくあるしょうもない拘りによる内輪揉めによる引き伸ばしも無し、有能な味方キャラクター、とストレス無く楽しめる内容で、「炎の刻印」以前に漠然と思い描いていた「アニメ版の牙狼」のイメージそのままの作品といった感じで序盤は大満足だったのですが、次第に作りがマジメすぎて興味を維持するのが辛くなっていきました。レオン君程波乱万丈にしろとは思わないけど、多少の超展開は物語のスパイスとして必要なんだなあ。ていうか何やってんの牙射ー!!

VANISHING LINE #18-#22

#18 やっとこさエルドラドに入る主人公一行。ルークの術で警備員は誤魔化せても、センサー類はどうしたんだ。空きビルをキャンプ地とする一行。闇照でリベラが襲撃してきた回を思い出すぜ。エルドラドのSNSは謎の技術で五感まで疑似体験できる!スマホでどうやって?ヤバいサブリミナル情報とか視覚情報から入れられてない?
ソフィにコンタクトしたのはエルドラドの真実に触れてしまったガレーデン社のエンジニアだった。なぜかスマホ画面を覗いていたらコトダマ空間認識能力に目覚めて少女の幻影と出会い館内のカメラを介して敵を察知する能力に目覚めるソフィちゃん。またソードとルークがイチャついてるし。生きてエルドラドを脱出する無精髭おじさん。こういうゲスト協力者が生き残るのは珍しいな。

#19 ガレーデン社にはソードが妹を失った事件に関わっていたエンジニアが流れていたんだそうな。そのことで多少冷静さを欠いていたのか、ボディペイントプリケツ姐さんと闇堕ち魔界法師のタッグにソフィをさらわれてしまうソード。自力で脱出してマーティン・へネスの部屋へたどり着くソフィ。人類を苦悩から解放するシステムとか絶対ヤバいやつじゃん。ガンソード的な。なんやかんやで真のエルドラドことサイバー妄想空間的な異世界に囚われるソフィとソード。

#20 不自然な箱庭の街で兄と再開するソフィ。そして死んだはずの妹と対面するソード。
ボディペイント姐さんはこっちではバブリーな肩パット秘書かい。仮想空間の方が格好がまともだ。
なんとソフィの兄さんはKINGだった!いやだいたいわかってたけど。さらにKINGは古いホラーであり、魂を効率的に食うためのシステムがエルドラドだったのだ!侵入者を感知して駆除系みたいなメカに変形するエルドラドの住人。兄さんは純粋にエルドラドが有用なシステムだと信じていて、現実世界の実情を把握してなかったのね。
兄さんをシメて事態の収束を図ろうとするソフィ。数々の修羅場をくぐり抜けたせいで覚悟が決まりすぎている。

#21 流石に兄さんを殺りきれなかったソフィ。兄さんとしては困惑しか無いわ。幹部3人組はどう見てもIT企業の社員に見えないんですが。おっぱい秘書に目もくれず妹一筋な兄さんはロリコンでもシスコンでもなく陰我の無いピュアピュアボーイなのね。現実を受け止めきれず指輪のホラーに取り込まれてウーパールーパーとなる兄さん。ひょっとして今まではホラーと同居していただけで憑依されていなかったのか。

#22 指輪のホラーこと真KINGはフリーザ様かよ。ホラーの大群に囲まれて超ピンチに駆けつけたのは復活したザルバイクだ!退場が早いと思ってたら記憶の欠落もなく復活だ!
キング様がついに計画を発動!世界中のスマホユーザーがエルドラドに強制ログインだ。
兄さんの末路を目の当たりにして放心状態のソフィだが、人々の魂が格納されたストレージを解放する管理者権限が与えられていたことを知ると、ソード達のように人々を守るために立ち上がるのでした。兄さんは陰我がないから悪気なくコンプライアンス違反するよね。数万人が暮らす仮想世界の管理者権限を部外者の家族に与えるなよ!あと妹のリジーは何気にしぶといな。
いい雰囲気で出発しようとしたところに、イマイチ役に立っていた記憶が薄いナイト親父と、蜂の巣にされてメチャ怒っているクイーンが襲来だ。

VANISHING LINE #14-#17

#14 ルークと伝説大好き眼鏡っ娘の心温まる交流だ。書物に書かれた封魔人の挿絵が絶狼っぽい。封印が解けて騎士の成れ果てホラーと対決だ!ルークの貴重なおさげがグッバイ!魔戒薙刀に名もなき騎士たちのソウルを込めて攻撃だ!ルークが魔戒騎士になる展開もあるのかしら。眼鏡っ娘がレギュラー入りしなかったのは惜しいけど幸運と言うべきか。

#15 ようやくエルドラドが姿を見せたぜ!荒野と貧民街の向こうに広がるゴージャスな城塞都市!入場時の審査がボルシティの「許可」を思い出すなあ。片目傷マンのベロリンチョ攻撃とかも魔導ホラーを意識しているのかな。マトリックスみたいに顔がブルンブルしてコピーされたから何かに利用するのかと思ったらそのまま吸収かーい。ドラマ版のホラーっぽい。
エルドラ初心者のおねーさんが向かった先はホラーの巣窟だった!いつものことである。
ダークヒーローっぽく登場した片目傷ホラーはボディペイント姉さんにボコられてあっさり退場。ホラー対ホラー?は意外と珍しい。

#16 久々にソード&ジーナ組の出番だ。長旅の疲労のせいか、すれ違い気味のソフィとソードだ。悪漢にボコられる若者という定番のシチュエーションだが、視線一つで切り抜けるのはさすが歴戦の魔戒騎士だ。BBAのタビナシパイオツにも情けない顔でちゃんとご参拝するのがポリシーを感じる。ソードが妹のリジーちゃんを失った際の過去に触れられていたけど…ダイナーのオーナーはやっぱりお前かー!肉ばっかり食ってるのも過去の反動か。
魔戒騎士はギャングに制裁なんて下さないけど、若造が心に決着をつけるところまでは手助けしてやるのね。ギャングの親玉は吉良吉影エンドかと思いきやブタさんラッシュの下敷きだ。
最後はソードとソフィが仲直りしてめでたしめでたしだ!

#17 日食が起きたと思ったらマッドマックスじみたヒャッハーなバギーの大群だ!ブラスレイターを彷彿とさせる変形バイクハイスピードチャンバラだ!ジーナのクルマも大概なビックリドッキリメカだな!魔導火エンジンに魔導ガトリング!エマの系譜だ。お面マンに追いつかれたところでボンネットにルークが颯爽登場!ダンテもびっくりのスタイリッシュ空中2挺拳銃だ!広域結界で昼間なのに薄暗くなるところもドラマ版の再現か。ソフィが単独で逃げた先に待ち受けていたナイトを足止めするためザルバが自爆特攻!ザルバの破片を取り込み牙狼の鎧がさらにマッシブに!体の発光も黄金色だ!あのパワーで牙狼剣を投げてその後の回収が気になるぜ。
待ち伏せしてたのに自分が劣勢な状況に追い込まれると「次は万全な体制で試合おうぞ」って特撮ワープして何がしたかったんだナイト。

VANISHING LINE #13

OP/ED変わった!後半はずっと荒野を旅する感じなのか?OP曲がザルバじゃ無いのは「紅蓮ノ月」の週替わりOPを除けばシリーズ初かも。

導きの地という魔戒法師修行の地を訪れたソード御一行。閑岱の西洋版だ。ルークママのファッションがネイティブアメリカン風だったのはここの文化だったのだろうか。オーガニックな暮らしぶりと飛び交う現ナマと凶悪な重火器のミスマッチよ。ジーナの術が強力すぎる。貴重な遺跡をぶっ壊しまくりで大丈夫なのかと思ってたら、遺跡ごと消えちゃったし。

VANISHING LINE #7-#12

#7 失踪事件に絡んだエルドラドのワードを耳にして、いつになくソードが真剣だ。ソフィと入れ違いで孤児院に怪しいおっさんが!ホラーの作った結界をゲンコツで突破するソード。魔戒剣すら使わんのかい。ホラーの残した地図を見てソードが孤児院に駆けつけるも、シスターは哀れホラーの触手の餌食に。致命傷を負って尚ソフィを逃がそうとするもポニテ男に刺されて絶命!いい人だったのに…

#8 しばらく鎧の出番が無かったな〜と思ってたら焦らして焦らしてからの限界バトルだ!戦闘シーンが多すぎて胸焼けしそうだ!ルーク君のスタイリッシュ2丁拳銃がフル回転するも、全く歯が立たないぜ!次はソードが相手だ!そして登場する暗黒騎士の鎧!仮面の2重構造がイカす。鎧の発光ラインは悪堕ちの兆候とかじゃなくて、この世界の鎧の標準装備なのかな。そしてソードはやっぱり剣より拳なのね。ソフィを連れて逃げるメイファンのおっぱおがすごいことに!アクション映画等ではボカされがちな街の被害が深刻なことになってるぜ。そしてソードは妹を失っていたのか。

#9 シスターを失って放心状態のソフィが前を向いて立ち直るまでのお話。街の被害が丁寧に描写されていることもあって、改めて第1話の橋破壊はシャレになってなかったのではと思ったりして。ソフィが心の整理をつけるまでを急すぎず引っ張りすぎず丁寧に描いていてシヴいわ。西部は魔戒騎士や法師の手の届かない世界って、ボルシティみたいなことになってるんですかね。介入できなくなって相当な年月が経過しているようですが、戦争でもあったのかしら。そして敵方の幹部がようやく登場だ。

#10 ルークの過去&復活回だ。重症のルークは全身包帯まみれだけど、ドラマシリーズに登場する黒包帯じゃないのね。ルーク父は悪堕ちするきっかけとなる事件があったわけじゃなくて、単なるレベリング厨だったんかい。暗黒騎士化する前からダメじゃん。しかも妻子持ちでコレかい。ルーク母はネイティブアメリカン系法師なのか。
一方、市井の人々の懸命に生きる姿と母の残した言葉から、守りし者としての本分を見出し決意を新たにするルーク君でした。ええ話や。

#11 開幕幼女誘拐犯扱いのソード。まあそうなるな。法師と合流するはずの西部劇じみた街にたどり着いたソード&ソフィ。西部は政府も見捨てた土地ってどうなってんの。魔戒騎士にとって一般人に危害を加えず行動するのは必須スキルだわね。保安官のホラー態のチクビがイヤ過ぎる。街ごと抹消するビショップも住人全員救ったソード&ジーナもすげえ。

#12 いきなり田舎のモーテルのバスルームで惨劇が発生だ。VLはいろんな意味でンナメリカ〜ンな話が多いな。モダンホラー的な。西部が放棄されているのは戦争とかじゃなくデトロイト的な荒廃によるものなのね。いつものダイナーならともかく、場末のモーテルの夕飯にしてはソードのステーキとビールのサイズが巨大すぎる。そしてアイキャッチにシスターが復活してる。こんな荒んだ家庭なのにマシューの奥さん若くて綺麗ね。以前はマシューさん羽振りが良かったようだし、奥さんもいいとこの令嬢だったんでしょうか。ソフィ&ジーナの入浴中、ひたすらおっぱいトークしているソード。何回おっぱい言ってんだ。ホラーに憑依されたら元に戻す方法は無いのが牙狼シリーズの鉄則だけど、陰我に呑まれていたとはいえマシューはついさっきまで人間だったんだからもうちょっと早く助けても良かったんじゃない…?

特別編 アニメ恒例の鍋回だー!鍋じゃなくて中華だけど。ソフィの人の役無しナレーションは貴重な気がするぜ。

VANISHING LINE #6

開幕の劇中劇。ゴジラみたいなBGMに次郎さんのギャグってなんだこの映画。そんなシュールな作品に感涙する客が一人。
ソードは普段寝泊まりどうしてるんだろうと思ったら、中華料理屋に下宿してたのか。随分庶民派の黄金騎士だなっていうか、同居している一般人は大丈夫なのか。そしてソードのサービスシーンが先週に引き続き多いぞ。中華料理屋の爺さんは還俗した魔戒法師か。
ソフィーちゃんが関わっていることをルークに知られてめっちゃ気まずい状況だ。
ソードとは対照的にサレオツなタワーマンションに暮らしているルークくん。やっぱ子供の頃は魔戒騎士の修行をしてたのか。ソードもソフィーちゃんも兄弟と因縁があるっぽい。CM前のイラストの人がどんどん増えて行くぜ。

パンピーと関わることを良しとしないルーク君は今回の指令に一人で挑む。久しぶりに登場のライター型魔導火でホラーのチェックだ。
いつの間にか中華料理屋でバイトしているソフィーちゃん。行動力あるなあ。ルークが調査に手こずっている一方、ソフィーちゃんのITスキルが役にたつ時が来た。複数人で並行して対策が進んでいるのが楽しい。
問題の席に座ったルークは過去の記憶をスクリーンで見せられて失踪!ソードの魔戒剣は不思議空間にしまっていた訳ではなくて伸縮式だったのね。幼少期の幻に捕らえられていたルークはソードの呼びかけで目を覚まし、スタイリッシュ2挺拳銃でホラーのイメージを撃破だ。久しぶりに手に取った魔戒剣(のイメージ)で、ソードと一緒にホラーの本体の目玉に中と外からトドメだ!借りは必ず返すと言い残して帰路につくルークくんでした。
かっちょいいから忘れてたけど、今回鎧を装着すらしなかったな…
そしてルーク父の声があの人ってことは、この先も出番がありそうだ。

VANISHING LINE #5

ジーナさん潜入のために夫婦を演じることになるソード君。アクションもので定番のシーケンスである。ソードのぱっつんぱっつんのシャツが変態すぎる。あと任務にソフィーちゃん連れていっていいのか。一応ソードは気乗りしてなかったけどジーナさんが連れてきたのね。ソフィーの白々しい演技が絶妙だ。ケツを振り振りソードに擦り寄るヴィオラさんがキツすぎる。
預けられた子供をホラーが喰っちまったらそのあとどうするの?と思ったらちゃんと劇中でツッコミが入るので今作は安心感があるぜ。

場面が変わったらソードが裸に剥かれて今まさに仔猫チャンにされそうになってるー?!何だこのアニメ。そのスジへのサービスシーンか。前回に引き続き瞬間装着でホラーを成敗。魔戒騎士とホラーの世界を垣間見ても引き返さなかったソフィーちゃんはここから本格的にソードにくっついて行くのだろう。鎧装着のシーンが短くても、その他の場面が濃厚なので満足感があるなあ。次回はルークが再登場だ。

VANISHING LINE #4

孤児院で子供達を育てつつジュードーまで教える修道女の鏡。第1話でソフィーが酔客をぶん投げたのも日頃の鍛錬の賜物か。日常生活のディティールを丁寧に描写することでキャラクターに奥行きが出て良いと思います。そしてホラーがらみと思われる事件に勝手に首を突っ込んで回るソフィーちゃん。教会の鐘落下とか恐ろしい攻撃をする幼女だ。闇照らを彷彿とさせる瞬間装着でホラーを瞬殺!落下するソフィーをキャッチするザルバが男前である。
どうでもいいけど、パスワード入力画面が伏せ字になっていないのはセキュリティ上問題があると思います。

VANISHING LINE #3

ヤクザ満載のハイテク防衛システム完備の高層ビルにサイバーサングラス装備のハッカーが潜入!これはもう8割がたニンジャスレイヤーでは?!
今日もおネエちゃんの豊満に感謝の祈祷を捧げるソードをデカい車でアイサツ代わりにぶっ飛ばす前髪ぱっつん系魔戒法師お姉さんことジーナ。どんな挨拶だ。谷間にクローモモンガを飼っているぞ!キケン!エルドラドとの関連性を匂わされて、件のハイテックビル潜入を手伝うことになるソード。ホラー絡みじゃなくても動くのか。

古めかしいタワー型PCから触手が伸びてマフィアのお偉いさんをグチャドロに惨殺!ホラーはこっちに宿っていたのか。いつもの素体ホラーが出てこないと絵面がSCP案件ぽいぜ!ジーナの無茶な運転に縮こまっているソードがちょっとカワイイ!組織のトップの遺伝子情報が記録されたカードでシステムダウンさせても60秒で再起動って、1周回ってむしろ不便じゃねーの?!そしてジーナのクルマのデザインが愉快すぎて笑える。ソードのザルババイクと同系統なんだけど、まだあっちの方がデザインがシックだわ。魔戒法師は人知れずホラーを狩るんじゃなかったのか。

ヨダレたっぷりのキスで遺伝子情報を採取するジーナさん。即座にカードに個人情報が表示されてハイテクだ。そんなジーナさんを誰何するチンピラの若造。勘がいいだけでなく魔戒法師の回し蹴りの初段を躱すとは有能だ。管制室に侵入するジーナさん。この世界観でJIS配列キーボードかYO!海外にも逆L字型Enterはあるらしいけど…。保安システムを落としたら照明まで落ちるのはおかしい気もするが、スマート家電とかが普及した未来は全部連動しちゃってこういった問題も発生するのかも知れない。
そういや今回ザルババイクに乗っていないが魔戒剣はどうしたんだろうと思っていたら、いつものコートと同様、ジャケット丈でも魔法衣には魔戒剣を収納できる模様。どっから出したんだ感がすごい。そして今や珍しいCRTディスプレイを拳で破壊するソード。本体を破壊しろよ!と思ったらタワー型PCではなくタブレット状の何かとケーブルの塊状の何かが真の本体でした。しかし第3話までアクションシーン動きまくりで息切れを感じさせないぜ!
ホラーからは守っても、人間同士の争いには我関せずなのが牙狼らしい。
そしてソードは骨折り損の上、これまでの酒代までひっ被らされて災難だ。こういうオチで主人公の方が常識人に見えるのはやや珍しいかも。

VANISHING LINE #2

雨を降らせて記憶処理を行う魔戒法師のルーク君。ホラー退治は人知れず行うべきだと主張する、至極真っ当な魔戒法師だ。一方のソードは人を知ろうとしない奴に人は救えないと主張。おお、ちゃんとポリシーがあっての行動だったのか。にしてもタンクローリー爆破は主義主張では釣り合わない気がするけど。そして朝飯?昼飯?もあのステーキなのか。

ソフィの保護者のシスターさん怖っ。声の時点で強そう。そして失意の元陸上選手に憑依するホラー。ルーク君の魔道具はホラーのいる方角や距離が探知できるだけでなく道路のナビ付きだ。過去作から随分進歩してるな。姿を消したホラーの足取りを地道に調べるルーク君。早速最前の主義の違いが現れて、人探し中のお姉さんからホラーの手がかりをゲットするソード君。ザルバの軽口に言われっぱなしじゃないところが小粋だぜ。

変身したホラーを追うソードとザルババイク。バイクから腕まで生えたたぞ。Makaisenkiの第3話を彷彿とさせる回り込みでホラーにマーキングだ!その痕跡を狙撃体制のルークが狙う!スコープで目玉がギョロギョロしていたり骨の指が生えてたりするのが魔道具っぽさを演出してるぜ。こんだけ戦えるのに騎士ではなく法師をやっている事情が拗らせている原因なんでしょうか。


©  かろでん☆みゅ〜あ 2012