日記


VANISHING LINE #6

開幕の劇中劇。ゴジラみたいなBGMに次郎さんのギャグってなんだこの映画。そんなシュールな作品に感涙する客が一人。
ソードは普段寝泊まりどうしてるんだろうと思ったら、中華料理屋に下宿してたのか。随分庶民派の黄金騎士だなっていうか、同居している一般人は大丈夫なのか。そしてソードのサービスシーンが先週に引き続き多いぞ。中華料理屋の爺さんは還俗した魔戒法師か。
ソフィーちゃんが関わっていることをルークに知られてめっちゃ気まずい状況だ。
ソードとは対照的にサレオツなタワーマンションに暮らしているルークくん。やっぱ子供の頃は魔戒騎士の修行をしてたのか。ソードもソフィーちゃんも兄弟と因縁があるっぽい。CM前のイラストの人がどんどん増えて行くぜ。

パンピーと関わることを良しとしないルーク君は今回の指令に一人で挑む。久しぶりに登場のライター型魔導火でホラーのチェックだ。
いつの間にか中華料理屋でバイトしているソフィーちゃん。行動力あるなあ。ルークが調査に手こずっている一方、ソフィーちゃんのITスキルが役にたつ時が来た。複数人で並行して対策が進んでいるのが楽しい。
問題の席に座ったルークは過去の記憶をスクリーンで見せられて失踪!ソードの魔戒剣は不思議空間にしまっていた訳ではなくて伸縮式だったのね。幼少期の幻に捕らえられていたルークはソードの呼びかけで目を覚まし、スタイリッシュ2挺拳銃でホラーのイメージを撃破だ。久しぶりに手に取った魔戒剣(のイメージ)で、ソードと一緒にホラーの本体の目玉に中と外からトドメだ!借りは必ず返すと言い残して帰路につくルークくんでした。
かっちょいいから忘れてたけど、今回鎧を装着すらしなかったな…
そしてルーク父の声があの人ってことは、この先も出番がありそうだ。

VANISHING LINE #5

ジーナさん潜入のために夫婦を演じることになるソード君。アクションもので定番のシーケンスである。ソードのぱっつんぱっつんのシャツが変態すぎる。あと任務にソフィーちゃん連れていっていいのか。一応ソードは気乗りしてなかったけどジーナさんが連れてきたのね。ソフィーの白々しい演技が絶妙だ。ケツを振り振りソードに擦り寄るヴィオラさんがキツすぎる。
預けられた子供をホラーが喰っちまったらそのあとどうするの?と思ったらちゃんと劇中でツッコミが入るので今作は安心感があるぜ。

場面が変わったらソードが裸に剥かれて今まさに仔猫チャンにされそうになってるー?!何だこのアニメ。そのスジへのサービスシーンか。前回に引き続き瞬間装着でホラーを成敗。魔戒騎士とホラーの世界を垣間見ても引き返さなかったソフィーちゃんはここから本格的にソードにくっついて行くのだろう。鎧装着のシーンが短くても、その他の場面が濃厚なので満足感があるなあ。次回はルークが再登場だ。

VANISHING LINE #4

孤児院で子供達を育てつつジュードーまで教える修道女の鏡。第1話でソフィーが酔客をぶん投げたのも日頃の鍛錬の賜物か。日常生活のディティールを丁寧に描写することでキャラクターに奥行きが出て良いと思います。そしてホラーがらみと思われる事件に勝手に首を突っ込んで回るソフィーちゃん。教会の鐘落下とか恐ろしい攻撃をする幼女だ。闇照らを彷彿とさせる瞬間装着でホラーを瞬殺!落下するソフィーをキャッチするザルバが男前である。
どうでもいいけど、パスワード入力画面が伏せ字になっていないのはセキュリティ上問題があると思います。

VANISHING LINE #3

ヤクザ満載のハイテク防衛システム完備の高層ビルにサイバーサングラス装備のハッカーが潜入!これはもう8割がたニンジャスレイヤーでは?!
今日もおネエちゃんの豊満に感謝の祈祷を捧げるソードをデカい車でアイサツ代わりにぶっ飛ばす前髪ぱっつん系魔戒法師お姉さんことジーナ。どんな挨拶だ。谷間にクローモモンガを飼っているぞ!キケン!エルドラドとの関連性を匂わされて、件のハイテックビル潜入を手伝うことになるソード。ホラー絡みじゃなくても動くのか。

古めかしいタワー型PCから触手が伸びてマフィアのお偉いさんをグチャドロに惨殺!ホラーはこっちに宿っていたのか。いつもの素体ホラーが出てこないと絵面がSCP案件ぽいぜ!ジーナの無茶な運転に縮こまっているソードがちょっとカワイイ!組織のトップの遺伝子情報が記録されたカードでシステムダウンさせても60秒で再起動って、1周回ってむしろ不便じゃねーの?!そしてジーナのクルマのデザインが愉快すぎて笑える。ソードのザルババイクと同系統なんだけど、まだあっちの方がデザインがシックだわ。魔戒法師は人知れずホラーを狩るんじゃなかったのか。

ヨダレたっぷりのキスで遺伝子情報を採取するジーナさん。即座にカードに個人情報が表示されてハイテクだ。そんなジーナさんを誰何するチンピラの若造。勘がいいだけでなく魔戒法師の回し蹴りの初段を躱すとは有能だ。管制室に侵入するジーナさん。この世界観でJIS配列キーボードかYO!海外にも逆L字型Enterはあるらしいけど…。保安システムを落としたら照明まで落ちるのはおかしい気もするが、スマート家電とかが普及した未来は全部連動しちゃってこういった問題も発生するのかも知れない。
そういや今回ザルババイクに乗っていないが魔戒剣はどうしたんだろうと思っていたら、いつものコートと同様、ジャケット丈でも魔法衣には魔戒剣を収納できる模様。どっから出したんだ感がすごい。そして今や珍しいCRTディスプレイを拳で破壊するソード。本体を破壊しろよ!と思ったらタワー型PCではなくタブレット状の何かとケーブルの塊状の何かが真の本体でした。しかし第3話までアクションシーン動きまくりで息切れを感じさせないぜ!
ホラーからは守っても、人間同士の争いには我関せずなのが牙狼らしい。
そしてソードは骨折り損の上、これまでの酒代までひっ被らされて災難だ。こういうオチで主人公の方が常識人に見えるのはやや珍しいかも。

VANISHING LINE #2

雨を降らせて記憶処理を行う魔戒法師のルーク君。ホラー退治は人知れず行うべきだと主張する、至極真っ当な魔戒法師だ。一方のソードは人を知ろうとしない奴に人は救えないと主張。おお、ちゃんとポリシーがあっての行動だったのか。にしてもタンクローリー爆破は主義主張では釣り合わない気がするけど。そして朝飯?昼飯?もあのステーキなのか。

ソフィの保護者のシスターさん怖っ。声の時点で強そう。そして失意の元陸上選手に憑依するホラー。ルーク君の魔道具はホラーのいる方角や距離が探知できるだけでなく道路のナビ付きだ。過去作から随分進歩してるな。姿を消したホラーの足取りを地道に調べるルーク君。早速最前の主義の違いが現れて、人探し中のお姉さんからホラーの手がかりをゲットするソード君。ザルバの軽口に言われっぱなしじゃないところが小粋だぜ。

変身したホラーを追うソードとザルババイク。バイクから腕まで生えたたぞ。Makaisenkiの第3話を彷彿とさせる回り込みでホラーにマーキングだ!その痕跡を狙撃体制のルークが狙う!スコープで目玉がギョロギョロしていたり骨の指が生えてたりするのが魔道具っぽさを演出してるぜ。こんだけ戦えるのに騎士ではなく法師をやっている事情が拗らせている原因なんでしょうか。

VANISHING LINE #1

アニメももう3作目かー。西洋風ファンタジー、平安時代ときて今回は現代劇だ。前2作と比べると随分ハイディティールな絵柄だ。実写特撮ドラマでは毎回の怪人が見せ場なのに対して、どうもアニメってその回限りのモンスターデザインに割くリソースが少ない印象なのだが、今作は初っ端からグロかっくいいおっぱいモンスター登場だ。それを主人公らしきアニキが素手でぶん殴る!OPはストレートにカッコいい路線だ。

変態イケメソ占い師と超人バトルを繰り広げる主人公のソード君。牙狼シリーズで剣より取っ組み合いメインのマッチョ兄貴って珍しいかも(阿修羅があったか)。というか、東洋風のデザインがあまり出てこないせいか、牙狼よりデビルメイクライの外伝みてえだ。
ザルバが一体化したバイクで旋回しながら道路に円を描いて鎧を召喚!なんかピンクの光が漏れてるぜ!「いっけねえ」とか言ってたのにタンクローリーに突っ込んで無駄に派手派手しくホラーを退治するのはアクション映画のお約束だ!鎧装着でバイクも変化していたのと、やたらグリングリン動くカメラ視点がちょっとブラスレイターを彷彿とさせるぜ。

前2作の序盤は如何に牙狼の能力に制限をかけるかみたいなところがあったのに対し、今作はめっちゃ一般人に被害を出しているものの気持ちよく主人公を大暴れさせてくれたのがよかったね!あと猛竜の女好き設定は取ってつけた感があったけど、こっちの女好きは乳に合唱とかすごく納得いくというか。

絶狼 Dragon Blood #13

竜騎士となったアリスちゃん。と思いきやウロコで作られた義体でした。それにしては強すぎる気もするけど、遠慮が要らなくなった零の一撃で撃破!腹を刺されて重症の烈花も、零を送り出すために立ち上がって空元気を見せるぜ!でも安静にしてようよ!そこへ術で転移してくるルーポのマスター。花罪が連絡したのかしら。

翼を得て飛び去るループに、徒歩と剣ワイヤーで追いつくどころか先回りする零。さすがの脚力だ!ドラゴンボール的荒野から北九州に帰ってきたループは教会の屋根に陣取るぜ。なんかダークソウルIIIとかで見たような光景だ。そしてツノが割れて中から牙狼恒例の白塗り女子が登場!月光のパワーだかプラフスキー粒子だかを吸収して進化!白塗り女子は退場!そして放たれる世界滅亡ドラゴンブレス!しかしギリギリ絶狼と銀牙の体当たりで上空に逸れたぜ!
戦っている最中に「私はここよ!」と呼びかけるアリスちゃん。なんともアンビバレントなヒロイン?だわ。そして掴まれている間に鎧の時間切れだ!ついに心滅獣身状態となってしまう絶狼。ノリで羽まで生えちゃうぜ!ループの尻尾を何度かガジガジしたら絶狼にも尻尾が生えちゃったぜ!この調子で竜を取り込んでしまうのか?!首まで伸びてるんですが。あと中の零までバケモノ化してるのがちょっと可笑しい。血管メイクくらいで良かったんじゃないかな…
烈花が攻撃を当てる度に紋章がちょっとだけ回転するのがアクションゲームのギミックぽい。
最後はアリスちゃんの意思で振るわれたらしいループの尻尾によって鎧が解除!

墜落したループからエデルさんが何故か復活!脈絡が無さすぎてちょっと笑っちゃうぞ。前回ので決着でいいじゃん。性別ならぬ種族同一性障害に苦しみながら零に介錯されて爆散!南無。
力尽き森へと変わっていくループの中で、なんとかアリスの元へたどり着く零。自分の本当の名を呼ばせるも、竜に取り込まれたアリスは無傷とはいかず、小さな卵を残して朽ち果てるのでした。

うーむ…なんか意表を突くことに終始していて、筋道を立てて主人公が何かを達成した感が薄いお話だったかも。毎度映像はものすごいんですけど。チャンバラではなくアリスちゃんの心を動かすことで世界は滅亡を免れた、という所はいいお話なのかもしれませんけど。歪んでしまったアリスちゃんに一瞬でも人間らしい感情を取り戻させたのが救いなんでしょうか。
序盤は特に「不思議の国のアリス」モチーフが多用されていましたが、振り返ってみればアリスが不思議な体験をするお話というより、「不思議ちゃんの世界に囚われた零」みたいなお話だったなって。

絶狼 Dragon Blood #12

得意げに竜を使役するアリスちゃんと必死ですがりつく零。取り残された烈花と竜騎士が成り行きで決戦!カゴメの筆を利用して今度こそ竜騎士の全身を爆散!竜騎士さんは苦労した割にいいとこ無しだったな!
そしてアリスちゃんの言っていた夢とか見たい景色というのは、世界を滅亡させることでした。サイコか君は。いや、今までアリスちゃんは高所から飛び降りたり、遺跡に都合よく転がり込んだり、滅茶苦茶な行動が多かったけどさぁ!制作側の狙うヒロイン像が視聴者とズレているんじゃなくて、最初から滔星ポジションだったんかい!スピンオフでまで貧乏くじを引かせるとか、零には絶対に曇ってもらうという揺るぎない信念を感じるぜ…

ループに追いつく零と烈花。人間である限り、身を呈してアリスを守る零。烈火炎装+銀牙+銀牙銀狼剣+烈花の金魚爆発の合わせ技で青と赤と紫の炎を纏ってループに激突だ!カウントは残り34.6秒!
流石にダメージを受けたループにアリスは自らを取り込ませて進化を促すぜ!零は「何故だ!」と問いかけるが、もう人間に未練が全くない「滅びろ人類!」系女子だしなあ。まだ動かないループを前に、攻撃しようとする烈花と、「俺がやる」とか言って零が問答している間に、ループの頭部から突き出た剣が烈花を貫く!さらに太ももをグリグリ刺した上にサッカーボールのごとく蹴り飛ばす!エグい!竜騎士と化したアリスちゃんの爆誕だ!薄着だと結構ガッチリ体型だなこの子。しかし牙狼において人間辞めるってことは滔星と同じ末路が用意されている訳で…

絶狼 Dragon Blood #11

ぶつかり合う零と竜騎士!隙をついて竜を確保しようとする烈花だが、アリスちゃんに妨害される。そして竜騎士が竜を連れて去るのは妨害できないアリスちゃん。当然の結果ではあるがウザっ!烈花はいつもの金魚のノリで花罪に追跡させるが、あっさり捕まって握り潰されてしまう。烈花まで行動が雑になって来てないか?

眠り続ける竜を前に、過去を回想する竜騎士さん。竜の力だけ頂こうとする人間にノヴァと卵を奪われ、自らも囚われそうになったとき、ノヴァが最後の力で竜騎士を水晶の中に封印し、火炎で騎士や法師達を焼き払ったのでした。台車つきの超大型魔道筆が面白い。

そして此の期に及んでついてこようとするアリスちゃん。特撮やアニメに付き物のヒロイン激ウザ問題だ!特にアリスちゃんは零の好意を盾にワガママを通そうとするのがタチが悪いぜ。剣を突きつけても開き直るアリスちゃんに、烈花とのキスを見せつけて追っ払う零。付き合いいいな烈花ちゃん
粉々になったかと思われた花罪ちゃんも花粉状態から復活!たどり着いた先では球体の中で急成長するループ!それを巡って竜騎士と零が激しく激突だ!乳首ワイヤーを繋ぎで使うのがかっくいいぜ。お互い火炎を纏ってぶつかり合うも、残り0.7秒で鎧解除だ。そして成体となったループが爆誕!駆け寄る零も前足で押さえつけられて全く歯が立たないぜ!
そして歓喜にむせぶ竜騎士は…頭からかぶりつき!ですよねー。竜騎士とループのテンションの差のせいで、前フリにしか見えなかったわー。バラゴとメシアのやりとりの再来か。最後のセリフが「トドメをさせー!」だったので、言われた通りにしたようにも見えるのが困る。
そしてドヤ顔で現れるアリスちゃん。竜騎士すら手玉に取られていたというのかーっ?!

絶狼 Dragon Blood #10

空になった卵の台座を前に苦い顔のルーポのマスター。アリスちゃんが残したアルバムの零の写真を見ているうちに、何かに気がついた様子。竜の頭みたいな構図だ。
零と烈花を呼び寄せると、なんとそこには並べることで竜の姿となった写真が!って頭部以外かなり不自然じゃない?!マスター曰く、アリスの心は初めから竜に囚われていたんだよ!な、なんだって〜?!これでアリスちゃんがムチャな行動に走るのも説明がつく…のか?

衰弱したループに自分の血を飲ませようとするアリス。そこへ現れる死んだはずの竜騎士さん。お供の魚メカが胸に開いた穴を塞いで復活していたのだ!便利だな!竜のエサは人間の血肉などではなく、大量の邪気が必要なのだ。前回ムシムシ姉さんに向かっていったのもそのせいか。アリスちゃん怪我し損だわ。ベテラン飼育員の竜騎士さんがいれば安心だ!
一方、マスコット枠かと思われた花罪ちゃんが竜に関する魔道書の写しをエンジェルダストで空中に投影して零と烈花にヒントを与える。超便利な記録媒体だな。

竜騎士さんが語る竜騎士の歴史。ホラーに生贄として捧げられた赤子が後のエデルさんとなった訳だけど、邪気のない赤子ってホラーからみて美味しいのだろうか?育ての親の竜が残した子竜・ノヴァと共に竜騎士としてホラーと戦ったエデルさん。エデルさんとしては、人類の天敵であるホラーと戦ったというよりは、竜としてあくまで好意で人の命を守ってあげた、というポジションなのね。しかし唯一の番とか俺たちの子ってそういう…。必死に正論で説得する零に向かって、二人並んで (・Д・) みたいな顔をするエデル&アリスが特殊性癖を持つ人たちのコミュニティみたいだ。


©  かろでん☆みゅ〜あ 2012