×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

絶狼 Dragon Blood #10

空になった卵の台座を前に苦い顔のルーポのマスター。アリスちゃんが残したアルバムの零の写真を見ているうちに、何かに気がついた様子。竜の頭みたいな構図だ。
零と烈花を呼び寄せると、なんとそこには並べることで竜の姿となった写真が!って頭部以外かなり不自然じゃない?!マスター曰く、アリスの心は初めから竜に囚われていたんだよ!な、なんだって〜?!これでアリスちゃんがムチャな行動に走るのも説明がつく…のか?

衰弱したループに自分の血を飲ませようとするアリス。そこへ現れる死んだはずの竜騎士さん。お供の魚メカが胸に開いた穴を塞いで復活していたのだ!便利だな!竜のエサは人間の血肉などではなく、大量の邪気が必要なのだ。前回ムシムシ姉さんに向かっていったのもそのせいか。アリスちゃん怪我し損だわ。ベテラン飼育員の竜騎士さんがいれば安心だ!
一方、マスコット枠かと思われた花罪ちゃんが竜に関する魔道書の写しをエンジェルダストで空中に投影して零と烈花にヒントを与える。超便利な記録媒体だな。

竜騎士さんが語る竜騎士の歴史。ホラーに生贄として捧げられた赤子が後のエデルさんとなった訳だけど、邪気のない赤子ってホラーからみて美味しいのだろうか?育ての親の竜が残した子竜・ノヴァと共に竜騎士としてホラーと戦ったエデルさん。エデルさんとしては、人類の天敵であるホラーと戦ったというよりは、竜としてあくまで好意で人の命を守ってあげた、というポジションなのね。しかし唯一の番とか俺たちの子ってそういう…。必死に正論で説得する零に向かって、二人並んで (・Д・) みたいな顔をするエデル&アリスが特殊性癖を持つ人たちのコミュニティみたいだ。

©  かろでん☆みゅ〜あ 2012